子どものいない女性が聞きたくない10の言葉

ホーム / 妊活の気持ち / 子どものいない女性が聞きたくない10の言葉

Facebookでまわってきたこの10の言葉、これは「不妊」の人が聞きたくない言葉ではなく、子供を意図的に作らない「DINKS」も含めて「子供のいない女性」としているので、私は半分くらい同意かな。

まずはじめにこんな言葉。

様々な生き方があっていい。
子どもを産むこと、産まないこと。それは他人ではなく、自分が決めることだ。

これは、教科書に載せてほしいくらい。子供を産んでない人だけが主張してもダメ、全員がこのことをしっかりと理解してほしい。

そしてここから10個!

 「子どもを持つって、人生で最高に幸せなことよ」

望んで子どもを持った人にとってはそうかもしれないが、その価値観が皆に当てはまる訳ではない。熱中できる仕事をしながら友達や恋人と楽しく過ごすことも、人生で最高に幸せなことに違いないのだから。

これには何度も言われてうんざりした。産んでない人に言われてもね。「人生で一番感動したのが出産」ってのも出来ること出来ないことで線を引かれたようでひどく落ち込む。

「責任がないって、羨ましいわ」

世の中に存在する責任は、子どもの責任だけではない。仕事の責任、大人としての責任、国民としての責任・・・。子どもがいないからといって、責任が無いというのは大きな勘違いだ。

「自由だよね〜」の方が言われるかな。何の責任もなく生きているみたいに感じるよね。

「もうすぐ時間切れじゃない?」

こう言われて、嫌な思いをしない人はいないだろう。子どもが欲しくても望まれない人には大変な侮辱になるし、あえて生まない選択をしている人には全く意味の無い言葉だ。

そろそろじゃないの?(タイムリミットが)って言われるね。

 「いいお母さんになると思うんだけど……」

この言葉を言った本人は悪気が無く、褒めたつもりで言ったかもしれない。でも、言われた女性は自分の選択が批判されているように感じるだろう。そう言われるのはありがたいが、今すぐ子どもを生む予定は無いのだ。

DINKSの女性なら嫌に思うのかも、むしろ私は嬉しい。「そんな考えじゃいいお母さんになれないよ」とか「お母さんになってみないとわからないよ」は大打撃だけど。

「 いつか気が変わるよ」

この言葉も優しいようで、むしろ、子どもを持つよう急かしているように聞こえるだろう。子どもを持たない女性には、それなりの理由がある。彼女を知ったつもりになって無責任な言葉をかけることには、注意しよう。

これもちょっとわかんなかった。

「自由な時間が沢山あっていいわねぇ……」

子育てをするお母さんが忙しく、自分の時間を取れないのも分かるが、それも自分の選択。それに、「子どもがいない=やることがない」というのは全くの誤解だ。人は皆、時間の使い方が違う。それぞれ異なった人生を、必死に生きているのである。

はい、これはしょっちゅう言われます。暇だもんね、毎日がバケーションでしょ!なんてのも。不妊治療をしているとあんたたちより忙しいっつうの。

「私も朝寝坊できたらどんなにいいかしら!」

確かに、お母さんの朝は早い。大変かもしれないが、子どものいない女性に言うべきグチではない。彼女が朝寝坊しているとも限らないし、そうだとしてもそれは彼女が選んだ道。羨ましいのなら、朝寝坊できる生活を送れるよう、工夫することが先だ。

朝寝坊=ダラダラ寝ているという意味にとれるのでイラつくのかもね。夫はいるし、仕事している人もいるし、子供いないからって勝手に朝寝坊って決められても。子供と一緒に21時には寝てるって人だって羨ましいって言われたら嫌でしょ。

「 きっと寂しいでしょうね」

子どもの有無と寂しさは関係無い。子どもを持たない人は、その人の方法で毎日を充実させている。寂しさは子どもだけでなく、友達や恋人、そして自分自身でも克服できるものだ。

「きっと寂しいでしょうね」よりも「子供いないと老後寂しいよ〜」の方が言われる。

「将来自分を世話してくれる人がいないのって、心配じゃない?」

そもそも、子どもは親を介護するために生まれる訳ではないし、子どもが将来世話をしてくれる保証もない。この言葉は、子どものいない人生を歩もうとしている人にとって、意味の無いものだろう。

こんなこと言う人いる!!!???ここが中国なら怒られるよ。子供は世話人じゃないんだからさ。私は父が他界してるので、介護は無いけど、それぞれやってって感じ。もしもうちの親がそんなこと子供に期待して育てたのだったら失望するわ。

 「私も、もう少し若いときはそう思っていたわ」

年上からの言葉はアドバイスでもあるが、時にはただのプレッシャーとなる。特に、妊娠・出産といったデリケートな話題だと尚更だ。その人に共感し、良い方向に導こうとしているつもりでも、このような言葉は避けるほうが良いかもしれない。

うーん、わからん。ま、そんなこと言う人がもしもいるなら、上から目線ってのが嫌なのかもね。

ということで、私の場合は

「人生で一番感動したのが出産」

「そんな考えじゃいいお母さんになれないよ」

「親になったらわかるよ」

「子供いないと老後寂しいよ」

というのも追記しておきたい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

 

 

 

1975生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。