• 2月のコウノトリの会「流死産ヒナの会」

    ヒナの会チラシ拡大

    (2月のコウノトリの会のお知らせ)

    「流死産ヒナの会」をします。

     

    流産・死産の後、どうにか乗り越えようとひとりで頑張りすぎてませんか。

    お腹の中の赤ちゃんは周囲から目に見えないため、 その悲しみは公認されないグリーフ(悲嘆)と呼ばれています。「早く忘れた方がいい、次がある」という言葉に、焦りや戶惑いを感じていませんか。

    赤ちゃんのことを語る場所はほとんどなく、すぐに日常の生活に放たれてしまいます。ヒナの会はカウンセリングではなくお話しをする場所です。当事者だけで悲しみを語ることは快復するための大事なステップと考えこの会を開催しております。

    暖かいルイボスティをご用意いたします♫

    日時:2月20日(月曜日)18時〜20時

    対象:流死産、新生児死亡で赤ちゃんを亡くした女性、もしくはカップル

    参加費:ひとり3000円(リピーター2000円)

    場所:白金台いきいきプラザ

    定員:5名

    みんなで語るコウノトリの会では不妊や家族にまつわるプライベートなお話をいたします。安心して話せる場所作りのためお約束を設けています。ご理解の上、皆様のご参加お待ちしております♬

    コウノトリの会のお約束

    1、ここで話した内容は個人が特定されるかたちで他の人に話さない。

    2、それぞれに背景があります、それぞれの考え方を尊重しましょう。

    主催、進行は不妊カウンセラー池田が担当します。

    今までのコウノトリの会の様子

    P1120366 (1)

    流死産の会に参加者した方の感想

    ・みなさんと同じ時間を共有できて、参加できて良かったです。話をすること、話を聴くこと、大事だなぁと心から思いました。それぞれ辛い思いをされているのに前向きな方もいて、励みになりました。マイペースに自分は自分と思い、少しずつ少しずつ進めたらと思いました。

    ・自分の話を聞いてもらえて、また人の話を聞いて、気持ちがすっきりしました。自分よりも大変な思いをされている人がいる中で、自分だけが辛いとか思わず、前向きに生きていこうと思いました。

     

    (コウノトリの会のお申し込みは下記からお願いします)

Comments are closed.