AMHが0.9のIVFスケジュール

ホーム / 死産後の妊活 / AMHが0.9のIVFスケジュール

月経がはじまり3日目で受診。

採卵までの2週間の間にフェリングを8本、採血を4回、セトロタイドを3本を打った。

注射がこの世で一番嫌いな私ですが、今月は15本。。いつまでたっても嫌なものは嫌。

で採卵前に最後の自己注射でHCGを1本。これで16本・・・。あー、しんどい。

通院はD3,D5,D7,D9,D11,D12,D13,D14

こう書いて見るとけっこう通いますね。

卵胞は右3つ、左3つ見えていて、あ!あるじゃん!とちょっと嬉しかった。

採血でのE2値は1444。ひとつの卵子からE2は250-300は出るそうなので、卵胞がたくさん見えているのにE2が低いと空砲の可能性が高い。

もう、ゼロはいや、、、ゼロだけは。

このクリニックに来てから3時間待ちはない、30分も待たずに呼ばれることが多い。先生ともじっくり話しができるし、通院のストレスは明らかに減った。

あるのは、採卵への恐怖だけ。

目覚めてゼロって言われたあの日、消えてしまいたくなるほどだった。

 

採卵日D16

麻酔が点滴に入れられ、数を10数えて下さい〜、ぼーーーーっと耳鳴りがして、ワーンワーンワーンと頭が回る。1、2、3、・・・ああ、あの世に行ってしまう。

私は注射は大嫌いだけど、麻酔は大好き。今日こそ10まで数えるぞ!と意気込んでも、すぐにコクっと負けてしまう、毎回心の中でひっそり戦っている。

それくらいしか楽しみがない。

 

結果はつづく。

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士