映画「うまれる」を観ました。

ホーム / 妊活の気持ち / 映画「うまれる」を観ました。

私が観た「うまれる」はシリーズではないけれど、2作目です。

1作目が話題になっていたことは知っていたのですが、どうしても「産まれる=出産」とイメージしてしまい、私は出産のあの現場を思い出しそうで遠ざかっていました。

今回はなぜか夫が「うまれる」って知ってる?!と言いだして、SNSで話題になっているらしいです。偶然にも4月4日の養子の日イベントで上映会があり、鑑賞することになりました。

3家族の命のストーリー

・ステップファミリーで奥様の連れ子と3人で暮らしているご家族のストーリー。明るく元気な奥様ですが、死産を経験されていて、その時のことを語って涙を流している姿が、消えて無くなりそうでした。

自分たちの子供が欲しいと不妊治療を始める。連れ子は父親と血のつながりがあると思っている、が真実告知の時が迫る。

・18トリソミーの赤ちゃんの成長を見守るご夫婦のストーリー。風邪を引いただけで命取りになってしまうという我が子を守る姿に心打たれました。想像できないほどご苦労されているだろうし、泣いたと思います。お母さんも泣く時は泣きますと言ってました。母は強いという言葉は簡単には言えません。

::::::::::

「問題の無い家族なんていないのよ」と私の友人は言いました。私の親くらいの女性ですが、たしかにそうだよね、納得。家庭内の問題を人は隠そうとしますが、本当はどの家も抱えているんですよね。シェアして救われることもあります。

この映画は、不妊だけのストーリーではありませんが、子供の命と向き合う素敵な映画でした。1作目、観たい気持ちに変わりました。

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士