「流産・死産を乗り越えて」講演@港区

ホーム / WORKS / 「流産・死産を乗り越えて」講演@港区

10月30日に行われた「流産・死産を乗り越えて」(港区助成事業)のイベントに死産当事者として登壇しました。2部は、流産、死産を経験した数人のグループに分かれお話会を実施。ファシリテーターを務めました。

満席での開催となりました。ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございます。

img_7982

kaijyo

スタッフで記念撮影

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者さんの感想の中に「5年経った池田さんが涙を流しているのを見て、まだ自分は悲しんで良いんだ・・・」というものがありました。もし、そう思ってくれる人がひとりでもいるなら、話しをした甲斐があったなぁと思います。何年経っても悲しんで良いと思います。もう毎日ではないけれど、涙、流れる時もあります。

不妊カウンセラーや流死産ケアをしている私でも、辛いことを話すのは、辛いです。でも、なぜお話をするか・・・それは自分のためではすでにありません。今、赤ちゃんを失い、何をどうしたら良いか彷徨っている方に何かの希望や救いになるなら、というのみです。私が当時、ネットなどで同じ体験をした人をいろいろ探したように。。講演した永森さん、石井先生も同じ思いです。

すべての感想を読み、改めて赤ちゃんを失った後のサポートが不足していることを痛感しました。大切な皆様の声は、今後の活動に役立てたいと思います。

また、今回のイベントの主催者モリーヴさんのHPでも素敵に紹介してくれました。>こちら

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士