ごあいさつ

鎌倉にある不妊当事者によるピアカウンセリングの相談室です。流産、死産を経て、2019年男の子を養子に迎えました。

養子を迎えるまでの不妊の悩み、人生の行方を模索しながら葛藤した日々を綴ったエッセイを2020,9月にKADOKAWAより出版いたしました。
「産めないけれど育てたい。不妊からの特別養子縁組へ」

ピアとは「仲間」という意味をもち、同じ経験をした人がカウンセラーであることで相談者が心を開きやすいという観点から1970年代アメリカで広がったサポートのひとつです。赤ちゃんが授からない、赤ちゃんを失う、その苦悩は友達や親には相談しにくくひとりで抱えていたことが私にもありました。相談室では少しでも話しやすい環境作りを心がけています。

トップページ

counseling menu

不妊のお悩み
流産・死産のグリーフケア
特別養子縁組でパパママになる

OUR SERVICES

対面カウンセリング
60分 6,000円 / 90分 9,000円マンツーマンカウンセリングは1対1で行うカウンセリングです。ご自分のペースでお話できます。不妊、流死産、養子縁組、治療の終結、どんな話からでもけっ
もっと読む
オンラインカウンセリング
zoomを利用したオンラインカウンセリングです。コロナの感染予防として設定しましたが、全国どこからでもお受けできるためこのメニューは継続いたします。パソコンの画面越しになりますのでマンツーマ
もっと読む
電話相談 
60分 6,000円電話は顔が見えない分、心の声を出しやすいと言われています。また、流産・死産の直後で外出が思うようにならない状況の方や、全国どこにお住まいでも相談できるメリットがございます。
もっと読む
みんなで語る「コウノトリの会」
定期的にテーマを変えて開催。定員5名ほどの少人数のグループカウンセリングです。開催日はブログにてお知らせします。
もっと読む
お申し込み
カウンセリングのお申し込み・お問い合わせ (重要なお知らせ) カウンセリング料金を変更いたしました。9月以降のカウンセリングはしばらく休止いたします。(2022年3月予定) 今後の予定 8月25日(水
もっと読む

FROM OUR CLIENTS

コウノトリの寄り道ブログ

カウンセリング申し込み休止のお知らせ
カウンセリング申し込み休止のお知らせ
2021年8月23日
カウンセリングを必要としている方のために2013年より小さな相談室を開設し活動しておりましたが、2021年9月より申し込みをしばらくの間、休止することになりました。(2022年3月予定)お申し込みを考えておられた方には大変ご迷惑をおかけいたします。8月25日水曜8月31日火曜(最後)です。 過去1年以内にカウンセリングを実施している方の継続は個別にご相談ください。
血のつながらない子を、本当に愛せるのか…。不安と葛藤。(たまひよ)
血のつながらない子を、本当に愛せるのか…。不安と葛藤。(たまひよ)
2021年8月18日
ベネッセたまひよさんのインタビューが記事になりました!2回連載です。 https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=103798 特別養子縁組については、プライベートで養子を迎える実体験をしていますが、それ以前に不妊カウンセラーという仕事柄、養子縁組に悩む方からお話を伺う機会が多くあります。 どんな不安、悩み、
生後5日目の赤ちゃんと初対面 産みの親の存在 (日経ARIA)
生後5日目の赤ちゃんと初対面 産みの親の存在 (日経ARIA)
2021年8月18日
日経ARIA「そして・・・母になった」の連載3回目、最終回が公開されました。 私たち、家族になれるの?その答えははっきりと断定できないまま、研修や勉強を重ねて、最後は信じるしかなく突き進んで迎えたこの日。どんなことで「家族」と呼べるのか、「家族」を感じるのか、生後すぐの息子を託され、2年半の月日を家族3人で暮らして感じていること、大事にしていることを書きました。もし養子

Customer LIST

Call to Action