命日じゃなくて誕生日

ホーム / 死産 / 命日じゃなくて誕生日

グループカウンセリングのつづき

 

私は1年経ったあの同じ日、娘の命日をどう過ごしていいのかわからなくて、「出産予定日も怖かったけど、命日も怖いんです」・・・と打ち明けた。

 

そうすると、「私たちは命日じゃなくて”誕生日”って言うんですよ」と教えてくれた。

あ、誕生日か・・・

そうだよね、出産した日は誕生日ってみんな言うもんね。なんで私、命日って言ってたんだろう。

そして、好きなお花を買って飾ったりしているそう。普段は亡くなった子供の話題をしてなくてもその日にはご主人がお花を買って来てくれるという方がいて、素敵なエピソードだな〜と思いました。

 

私もその日には、娘を思い浮かべてお花を買おう、そしてその日は夫婦で思い出してあげればいいんだなと思いました。

ありがとう。

またブログ村に参加してます↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ にほんブログ村

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士