夫婦共著で本を出版しました「産めないけれど育てたい。ー不妊からの特別養子縁組」

夫婦共著で本を出版しました「産めないけれど育てたい。ー不妊からの特別養子縁組」

WORKS, 妊活の気持ち, 子宮内膜症〜子宮全摘, 死産, 死産後の妊活, 養子縁組
2019年に生後すぐの赤ちゃんを養子として迎え、ずっとずっと始めたかった子育てがスタートしました。その後、特別養子縁組の届も無事に受理され、戸籍も我が子となり3人家族として日々何気ない幸せを噛み締めて暮らしています。養子を迎えるまでのストーリーを本にしませんか…
もっと読む
ジネコ2020春号、夏号で特別養子縁組までを語る

ジネコ2020春号、夏号で特別養子縁組までを語る

WORKS, 妊活の気持ち, 子宮内膜症〜子宮全摘, 死産, 養子縁組
10年ほど前から愛読している女性のための健康生活ガイド「ジネコ」に養子を迎えたまでのいきさつ、養子を迎えて今どうなったか、を取材していただきました。 ジネコ内容は不妊治療のことがほとんどですが、こうして子育てをするもう一つの選択肢として取り上げてもらえるのはと…
もっと読む
日経ARIA 「これからの家族のカタチ」掲載

日経ARIA 「これからの家族のカタチ」掲載

WORKS, 妊活の気持ち, 養子縁組
不妊治療、死産を経て43歳で「養子」という決断丁寧な取材と素敵な写真をありがとうございます!思い返すと長い長い道のりでした。私はこの不妊治療をしたり、流産や死産で一旦停止状態になっていた自分の道のりを「寄り道」という表現を使っていたのですが、それはいつか子育て…
もっと読む
子宮全摘から1年まとめ

子宮全摘から1年まとめ

妊活の気持ち, 子宮内膜症〜子宮全摘
今年も始まりましたね。平成最後(そろそろ飽きたこのフレーズ)のお正月いかがお過ごしでしたか。 私は子宮全摘術をしてから1年です。ふーーー、手術したのがもうずっと昔のような感覚です。子宮を摘出してどう?と友達にもクライエントさんにも聞かれるので、この1年の振り返…
もっと読む

年賀状じまいにあやかって。

妊活の気持ち
子ナシの年賀状問題について幾度となくブログで書いてますけど、今年は世の中的にも年賀状は消滅の方向に向かっていて、これは不妊の方々にとって良い知らせではないか。チクっと胸が痛くなる瞬間が一つ減るかもしれません。 年賀状… 私は2012年からやめました。それまでは…
もっと読む
精子にはブリーフよりトランクス

精子にはブリーフよりトランクス

妊活の気持ち
毎日新聞の記事でブリーフよりトランクスの方が精子には良い?という記事がありました。 妊活中であればすでにみんな気にしてることだと思います。 ブリーフよりトランクス。精巣はどうして体の外に出ているのか考えればわかりますよね。精子は高い温度に弱いんです。だからサウ…
もっと読む
人との出会いの中で

人との出会いの中で

妊活の気持ち
去年の12月の年末、世の中が賑わう中に子宮全摘出手術をしました。 私はその頃、金継ぎ教室に毎週通っていて、地味でしょ? 金継ぎする前よりも素敵になる器にどんどん魅了されていました。 手作業を進めている時に何気ないポツポツとする会話も楽しく、いつも和やかな空気が…
もっと読む