子どもがいなくても価値がある!WINKシンポジウム2022に登壇しました

子どもがいなくても価値がある!WINKシンポジウム2022に登壇しました

WORKS, お仕事, 養子縁組
現在私は養子を迎え子育て中ですが、その前の15年以上は夫婦2人の生活を送っていました。ほとんどは妊活・不妊治療をしていて、子どもがいないことで社会の中で生きづらさを感じていたことも多々あります。 今回ご縁がありまして、一般社団法人WINKさんの設立1周年記念イ…
もっと読む
【12月3日(金)オンラインイベント】先輩教えてください!特別養子縁組ってどういうものなの?

【12月3日(金)オンラインイベント】先輩教えてください!特別養子縁組ってどういうものなの?

WORKS, 養子縁組
現在コラムを連載しているランドリーボックスでイベントをいたします。代表西本さんとの「特別養子縁組」をテーマにした対談スタイルです。生後まもない赤ちゃんを養子として迎え、早くも3年が経過しようとしています。不妊治療中には1年1年過ぎて行くことがただただ怖く感じた…
もっと読む
生後5日目の赤ちゃんと初対面 産みの親の存在 (日経ARIA)

生後5日目の赤ちゃんと初対面 産みの親の存在 (日経ARIA)

WORKS, 養子縁組
日経ARIA「そして・・・母になった」の連載3回目、最終回が公開されました。 私たち、家族になれるの?その答えははっきりと断定できないまま、研修や勉強を重ねて、最後は信じるしかなく突き進んで迎えたこの日。どんなことで「家族」と呼べるのか、「家族」を感じるのか、…
もっと読む
血縁のない子を愛せるか? 夫婦の運命を変えた電話

血縁のない子を愛せるか? 夫婦の運命を変えた電話

WORKS
日経ARIA「そして・・・母になった」の連載2回目が公開されました。 血縁のない子を愛せるか? 夫婦の運命を変えた電話(1回目はこちら「不妊治療を経て子宮全摘 「産めないけれど、育てたい」) 夫婦で養子を迎えたいと意見が一致した後にまず何をするのか、どんなこと…
もっと読む
日経ARIA連載1回「そして…母になった」

日経ARIA連載1回「そして…母になった」

WORKS
日経ARIAで初めて取材されたのは息子が1歳になった頃。本「産めないけれど育てたい」の出版もまだされていないのに、いち早く私たちのこの選択に興味関心を抱いてくれて、「これからの家族のカタチ」特集で記事にしてくれました。ありがとうございます! photo by …
もっと読む
「選ぼう。わたしの未来」ランドリーボックス連載スタート

「選ぼう。わたしの未来」ランドリーボックス連載スタート

WORKS
自分の人生、自分で進もう。今まで叶わないことはたくさんあったけれど、それでも自分で選択できることってそんな中にもあるはず。小さいことから、人生に関わることまで・・・人生は一つ一つの選択の連続。 大人になったら結婚して子どもを産んで、そういう未来を想像していて疑…
もっと読む