採卵したけどゼロ、不妊治療そろそろ終わりか

ホーム / 死産後の妊活 / 採卵したけどゼロ、不妊治療そろそろ終わりか

Smiley Egg Head4月まで子宮内膜症・子宮腺筋症の治療をして、子宮内膜ポリープも切除し、やっと5月から体外受精周期に入れるぞ〜っ!と意気込んでD1に病院に行ったら、E2の数値が高すぎて見送り。6月も同じくD1のE2数値が高く見送り。内服を処方してもらい安定させ、7月・・・E2が正常に戻りました!!

そして、久々の自己注射やら筋肉注射でダメージを受け、身体中に薬剤の香りがして、だるさもむくみもあり過ごしたけど、治療ができる嬉しさもあり、いざ採卵へ。

1年ぶりだ〜緊張する!4つの卵胞が同じくらいの大きさで成長していて期待できるらしい。

夫は出張のため分身をあらかじめフリーズしてもらうなど準備もバタバタ。

 

しかし、採卵の結果は、

ドアを開けて先生の部屋に入ると

「空砲でした」という結果。

 

あ、久しぶりにショック。

時間の流れとともに忘れかけていたけれど、努力が「無」になったという感覚・・・そうだよね、これだよね。

うーーん。この場の空気もさ、良いものじゃないよね。

早くおうちに帰りたいな。

そんな気持ち。

 

治療の終わりは考えていますよ、ずっと前から40歳で終わりにと言っていたし。

空砲というのは、もう限界なのかな〜・・・私の身体は、と冷静な自分と、直視できない自分もいて。

やめる時が一番大変、やめた後に悲しみが始まるというけれど、

ここからが不妊の自分と向き合う時間かな。

 

来月、採卵にリトライして決めます!

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士