不安いっぱいの採卵

ホーム / 死産後の妊活 / 不安いっぱいの採卵

ブルームーン見ましたか?幸せになるそうですよ〜

満月のせいなのか卵胞の育ちが良く、予想より早く採卵することに。

その日はBBQの予定。。。

でもでも、採卵は何よりも優先事項。仕方あるまい。

 

先生から「麻酔を半分にすれば、目覚めも回復も早く、帰れますよ」という提案。

しかし麻酔が半分ということは意識はある。モワモワ〜くらいで意識あるの怖いよね。痛いよね。

しかし、これも仕方ない。やるしかない。

 

先月の採卵は4つ、全部空砲。

もうガッカリで、ショック大きかったから、今回は不安で不安で、結果を聞きたくない気持ち。

 

そして昨日、採卵当日。

施術台に上がり、麻酔が2cc投入(いつも5cc)。モワモワ〜

うーん、やっぱり意識あるなぁ、このままいくのか、いくのか〜。

そして、「イタっ」と思った後に、更にそこから針が押し込まれる感覚があり、痛い!

あああああああ、痛かった。(一瞬だけど)

これは、いつも意識なく終わっていたけれど、あまり何度もするものではないよね。

体によくない・・・

加藤系クリニックでは麻酔がないというお話。専用のホソーーーイ針を使っているということですが、みなさん痛くないのでしょうか。

先生とクリニックの配慮によって無事にBBQは行けました。ありがとうございます!夫は先に向かってもらったけれど、考えてみれば病室で待っててもらって一緒に行けば良かったのだよ。全然間に合ったので。歩くのとか本当ひとりでつらかった。そういう声がけは夫にはないのよね。

 

で、結果は、、、

1個〜っ

幻の1粒!(涙)

ここから更なるハードルはありますが、凍結できることを祈ります!

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士