不妊治療で使っている薬の副作用ちょっと見てみよ。

ホーム / 妊活の気持ち / 不妊治療で使っている薬の副作用ちょっと見てみよ。

IMG_5544今周期3本目の注射。

D3 採血、フェリングの筋肉注射

D5 フェリングを自己注射

内服薬

D3,D4,D5  クロミフェン

注射をした直後からガンガンと頭痛がひどい。月経困難症のせいもある。前の排卵日から2週間、不育症のために、血液をサラサラにするバイアスピリンを服用していたので、やむを得ない状況。不妊治療をすればするほど、体調が悪くなっていきます。いかんいかん。

本日朝から自己注射をお腹に刺しましたが、ほんと、なんか悲しくなる作業。

いろんな薬をこの2週間の間に次から次へと使用しますが、なんかやるきが起きない、夫にイライラして当たってしまう、とにかくだるい・・・そんなことありませんか?私、すご〜くあります、あります、特に夫にw

でも、これは副作用の可能性大です(キッパリ)

どうしてため息ばかり、私もっとしっかりしなくちゃ、とか思わないでいいんです。

私は西洋医学をもちろん期待して不妊治療をしています。でも東洋医学の考え方がとても合っていて、好きです。漢方薬は、花や実をすりつぶしたもの、海藻や動物のツノなどの乾燥させたものです。日本人は頭痛信号でバファリンにすぐ手をだしますよね、CMの影響と、誰でもツルハで買える便利さ、気をつけないと常用します。中国人にするとそれはとてもビックリすることで、頭痛ならこれ、肌の乾燥ならこれ、胃がもたれるならこれを食べなさい、アワビとか黒きくらげなど症状に合った食材(乾物)を親がくれるそうです。そうして育った人たちは、それを子へ伝える。中国4000年の歴史・・・

西洋医学には必ず副作用があります。人によって軽い、重いはありますが、理解していて損はないでしょう。いや、ちゃんと理解しましょう!自分の体調の謎が解けます。

まずは、クロミフェンいってみよ〜!

FullSizeRender 24

(クロミフェン・クロミッド)内服薬

【作用】 卵胞刺激ホルモンの分泌を増やすこと。卵胞の発育を助ける。無排卵周期症にも有効。

【重い副作用】

  • 卵巣過剰刺激症候群(卵巣腫大)..下腹部の張りや痛み、顔のほてり、息苦しい。

【その他】

  • 視覚症状..物がかすんで見える
  • 吐き気、吐く、食欲不振
  • 頭痛、いらいら感、だるい
  • 顔の潮紅、尿が増える、口が渇く
  • 発疹

【注意する人】

  • 乳がんや子宮がん、卵巣がん、あるいは卵巣腫大がある場合、使用できないことがあります。肝臓病がある人も控えるようにします。
  • 子宮筋腫や子宮内膜症、乳がんの既往歴、乳房結節、乳腺症のある人は、病状の悪化に注意するなど慎重に用いる必要があります。

(おくすり110番より)

 

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士