子供は3歳までに一生分の親孝行をしている

ホーム / 妊活の気持ち / 子供は3歳までに一生分の親孝行をしている

30代にもなると親も高齢化し、アラフォーでは目に見えて老いていく親を前に、「早く孫を見せてあげたい・・・親孝行したい・・・」と思う人は多いでしょう。

私もずっとずっとそのことが胸につかえてて、親の願いが叶えられない自分、無力な自分に情けなく感じてました。

 

不妊に悩む人のみならず同世代の友達の話題にもよくでます。

仕事ばかりで実家にあまり帰っていない

誕生日は花を送っているけれど会っていない

結婚して安心させたい

”親孝行を全然していなく申し訳ないと思っている”と・・・

 

しかーしっ安心してくださいっ。

「子供は3歳までに一生分の親孝行をしている」という言葉を聞いたのです。

3歳まではかわいくてかわいくて生きているだけで天使、そこにいるだけで周囲を幸せにする存在、とっくに私たち、親孝行しているということなんです。

 

P1100189

 

生まれただけで親を喜ばせ幸せを運んでいた存在。私が・・・。

赤ちゃんのパワー、それが私だった。

両親はとっくに離婚してますが、私が生まれたときは、さぞかし喜んだことでしょう。赤ちゃんの頃の写真の量と一緒に写っている親の笑顔を見るとそれはわかります。

 

一生分の親孝行・・・もうしてた。そう思っていいのね。

ちょっと気持ちが楽になりました。

 

次回は「なぜ孫を切望するのかがわかった」です。

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士