不妊治療は始まりにあらず終わりにあり!

ホーム / 妊活の気持ち / 不妊治療は始まりにあらず終わりにあり!

56産経新聞では「不妊治療のやめ時を考える」と題し、4回シリーズで10月8日から連日配信されました。すでに新聞掲載されたものよりも詳しく載っています。

不妊の話題は、どの病院にするか、どんな治療をするかという話題が占めていましたが、ここ最近はその後のことに焦点が当たっている気がします。先を知るのは良いこと、良いこと。だって、この長いトンネルの先はどうなっているの?って思うよね。

あまり語られてこなかった授からなかった人たちの体験談。芸能人の本も「不妊治療して授かりました、良かった」という成功例ばかりで、結果的に言ってるよね・・・と思うものばかりでした。

でも、50%は授かり、50%は授からずに治療を終えている。

夢や希望や、夫と自分がパパママとして子育てしている想像(妄想)が・・・もちろん何度も失敗してれば期待しないようにしてても、「いつかはママ」という思いを心の奥底に1ミリでも持っている時間が長いと、それを手放すことがとても困難です。というか手放す方法がわからない。

 

不妊治療は始まりにあらず終わりにあり!
・・・しみじみ、自分を含めて思います。

 

この掲載記事の体験者からのヒント、たくさん得てください。とても悲しいけれどとても素敵なストーリーが掲載されています。

不妊治療のやめ時を考える4には、コウノトリこころの相談室の「養子縁組セミナー」にゲストで来てくださいました養親ママの吉田さんの体験談と、私のコメントも掲載されています。

 

不妊治療のやめ時を考える1

「夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」

 

不妊治療のやめ時を考える

人それぞれの区切りとは? 「もうこれだけ頑張ったんだから」「子供のいない人生に納得できて…」

 

不妊治療のやめ時を考える

不妊と向き合ったからこそ分かった 「命の意味を考えられた」「夫婦の絆も深まって…」

 

不妊治療のやめ時を考える

養子を育てるという選択も 「治療と並行して検討を」「血が繋がってなくても似てくるのかな…」

 

不妊当事者に寄り添い、丁寧に取材してくれた産経新聞の油原様に感謝いたします。ありがとうございました!

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士