取材掲載「不妊治療のやめ時を考える」@産経新聞

ホーム / お仕事 / 取材掲載「不妊治療のやめ時を考える」@産経新聞

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-15-47-02 2016

 

不妊治療のやめ時を考える4回シリーズの第4回目にコウノトリこころの相談室の活動とコメントが掲載されました@産経新聞

下記URLより記事が読めます。

不妊治療のやめ時を考える1

「夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」

不妊治療のやめ時を考える

人それぞれの区切りとは? 「もうこれだけ頑張ったんだから」「子供のいない人生に納得できて…」

不妊治療のやめ時を考える

不妊と向き合ったからこそ分かった 「命の意味を考えられた」「夫婦の絆も深まって…」

不妊治療のやめ時を考える

養子を育てるという選択も 「治療と並行して検討を」「血が繋がってなくても似てくるのかな…」

1975年生まれの整理整頓好きな山羊座。30歳で妊活スタート、流産、死産を経験。子宮腺筋症が悪化し2017年末ついに子宮全摘出。寄り道ばかりの人生で幸せの価値観や家族の意味を深く考え中。不妊カウンセラー/家族相談士